残雪と福寿草

 せっかく溶けていたのに先日30cm近くも重い雪が積もった福寿草の自生地、
 ここは毎年見頃は4月に入ってからですが、
 今月の初めに様子を見に行ったところ数株が咲きかけていました。
 そこへもっての雪なのでその後が心配でしたが、行って見たら被害も無く元気でした。
 満開になるにはもう少し先になりますので、その頃再度訪れてみたいと思います。

  ※ 画像の最後に動画がありますので宜しかったらご覧下さい。
d0342479_1851193.jpg

d0342479_18513266.jpg

d0342479_18514499.jpg

d0342479_18515410.jpg

d0342479_1852689.jpg

d0342479_18521892.jpg

d0342479_1852281.jpg

d0342479_18523927.jpg



# by sikisai04 | 2019-03-19 00:03 | 山野草 木の実 | Comments(3)

 高山陣屋 2

 高山陣屋の2回目です。
 前回最後の写真が陣屋の玄関を入った直ぐの玄関の間でしたが、
 正面に波の幾何学模様が並んでいますね。
 それは青海波という郡代の格式を示す模様と伝えられており、
 その他にもこの波の模様が屋敷内外の各所に見られます。
 今回はその玄関から右へと進んで各部屋を見て周りましょう。
d0342479_184279.jpg

       ↑ 玄関の間から見た御役所とその奥の御用場です

d0342479_1844068.jpg

       ↑ 御役所

d0342479_1845289.jpg

       ↑ 北の御白州

d0342479_185319.jpg

       ↑ 同じく北の御白州

d0342479_1851414.jpg

       ↑ 町年寄詰所

d0342479_1852487.jpg

       ↑ 止め具の形が面白い雨戸

d0342479_1853564.jpg

       ↑ 地役人の出勤入り口

d0342479_1854412.jpg

       ↑ お勝手
# by sikisai04 | 2019-03-18 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)

 高山陣屋 1

 高山市の観光施設の一つに高山陣屋があります。
 中橋の西側の広場の奥にある大きな木造の建物がそれで、
 江戸時代には飛騨は天領とされ代官所が置かれていましたが、
 それがこの高山陣屋です。
 今回は陣屋の内部を取材して来ましたので報告させて頂きたいと思います。

 そもそも陣屋の建物は高山城主の金森氏の屋敷でしたが、
 徳川幕府が天領と定めてからは代官や郡代が治める陣屋となりました。
 現在残っている陣屋は全国でもここだけとのことなので極めて貴重な建築物と言えます。
d0342479_16205741.jpg

d0342479_162115100.jpg

d0342479_16212655.jpg

d0342479_1621375.jpg

d0342479_16215095.jpg

d0342479_1622544.jpg

d0342479_16221568.jpg

d0342479_16222586.jpg

# by sikisai04 | 2019-03-17 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)